FC2ブログ
サヨナラ公演練習日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は短いようで長いような
学生演劇生活(役者)に終止符を打とうとしている。
いま思い出せば初舞台は、普段の練習場…2008年の初夏

あつい
あせ
あせり

いい思い出だ。

ただ練習中にお腹が空くのが嫌でお弁当を食べてから
練習に行ってた。だから基礎練習が未だにできない!

そんなこんなで
何回か「適当に」舞台に立ち続けた。

2009年夏
出会ったのが「わくわく市民劇場」だった。
見るものすべてが新鮮に思えた。
舞台はこうして創るという生き字引のような方に囲まれ
同時に、芸術を活かした教育など

今思えば現在のぼくを作っている要素の大多数を占めていると思う。
わくわく市民劇場の狙いは、関係者によって違う。

違って当たり前。芸術だから。

そんな中、ぼくなりに求めるのは
わくわく市民劇場に参加する子どもたちに
「審美眼」を養ってほしいと思う。

それは、何も演劇に対してだけではなく、「この友達は、私には少ないユーモアを持っている」などと
人をいい意味で見抜き吸収する「審美眼」を持ってほしい。

そして互いに切磋琢磨しこのまちで
出会った仲間を思いつつこれからも頑張ってほしい。

ほしい…
自分自身も頑張らなきゃならない。
これからは、役者としてではなくスタッフとして
あとから舞台を踏む人たちの道しるべと
先に舞台を踏み、今も踏み続けている方の応援ができればと思う。

だから学生と名乗れる間は、劇に浸ろうと思う。
ほんのわずかだけど、わずか故にゆっくりとしっかりと…

明日の本番いろいろぶっちぎっていくぞ!


文かっぱ
スポンサーサイト

[2011/12/17 08:32] | 制作日記
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。