FC2ブログ
サヨナラ公演練習日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも毎度ヅカネタのいりやです。
今日初日だった宝塚大劇場宙組公演「クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-」「NICE GUY!!-その男、Yによる法則-」観に行ってきました。
いや〜、これね、かってに予想しますけど、ってか、噂もされてますけど、やっぱり、この作品でほんとはユウヒ君、サヨナラだったんじゃないかって言う。
サヨナラだったのを書き換えたんじゃないかな、っていう雰囲気が。人気が出たから、みたいな。
まぁ、なんかどっちもあまりすっきりしなかったんだけど、みればみるほどハマりまくる雰囲気満々(笑)

「クラシコ・イタリアーノ」はもう幕開けからユウヒ君魅力爆発!!!!!
というか、もうこれはあれだ、ほんと、スーツ業界が舞台ってだけでもう反則だわ、植田景子先生。ユウヒ君のスーツ姿、たまらないし、袖まくりもあるし、もうかっこ良すぎるでしょ!!!!つめ過ぎだわ、ユウヒ君のかっこよさを!!
ストーリー云々はどうでもよくって(いや、どうでもいいは言い過ぎやけど)とにかく何がいいかってユウヒ君のかっこよさがキラキラなとこ、って言う感じの芝居でしたよ、ってことです(笑)
ストーリーも悪いとかそんなのはあんまりなくって、ほっこりできる作品。
僕的には汝鳥伶さんに泣かされました。

でも、テル(今はリカが愛称だろうけど「リカ」といえば僕の中では紫吹淳様だからテルっていいます)のいる宙組ではやっぱこの前の「美しき生涯」みたいなかっこいいコスチュームものがみたいなぁ、とか思ったり。どっか妖しい感じのあの二人がそういう世界でからむともうたまらんやんか、っつう。
あの二人には妖しいのが似合うんだよ、うん。

で、だから、ってのもあるんだけど藤井先生のショー、あんましっくりこなかった。

「NICE GUY-その男、Yによる法則-」(もうこのタイトルが出た時にサヨナラか…って思ったんだけどなぁ……)
思えば、今年の大劇場公演、ショー7作品中3作品が藤井先生(ひとつは作・鴨川先生だけど)!
このショー、一言で言えば藤井先生版「ダンディズム」。
これもまた、かっこいいが詰まってます、なんだけどユヒテルにはちょっとあわない感じが。
とか書きながら思い出してると、悪い場面が思い当たらないだけど(笑)でも最後の方はちょっといつもと同じな感じすぎてう〜ん。
で、このショーで最高にテンションあがる一場面、ここ→http://www.kobe-np.co.jp/photo-gallery/takaraduka/p5_0004532291.shtml

妖しい!美しい!
こういうのをもっとこの二人で観たい!
齋藤先生の「BLUE MOON BLUE」みたいなんとかでやって欲しい!

とかまぁ、ぐだぐだながながぐちゃぐちゃに思いつくまま書いてみましたが、これは是非!観に行くべきです!

ではまた。
スポンサーサイト

[2011/10/08 01:14] | 観劇日記
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。