FC2ブログ
サヨナラ公演練習日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚専科バウホール公演「おかしな二人」と宝塚歌劇星組中日劇場公演「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」を観に行ってきました!

はい、そうです

また宝塚です!(笑)

ポッポー

ニール・サイモンの戯曲「おかしな二人」の宝塚版!宝塚版とかいってもいつも通り劇中に歌や踊りがある訳じゃなく、珍しくストレートプレイでした!(フィナーレは歌も踊りもあったけど)
”ストレートプレイ”ってだけじゃなく、休憩が二回もある三幕構成、男と女の話じゃない、と、宝塚には珍しい作品。
そして、もう一個珍しいのが「専科公演」って銘打たれてること!
そう、これは宝塚を代表する専科の轟悠様と、正塚作品には絶対欠かせない抜群のコメディセンスの持ち主未沙のえるさんのダブル主演作品なのだ!ポッポー
いや〜ほんとこの二人を観るだけで価値ありました!芝居での絶妙の間はほんとすばらしかったです!
で、何よりも感動したのがフィナーレ!未沙さんの歌うマイウェイ!
この場面、おたまにリボンがしてあるのをマイク替わりに歌うってのもそうなんだけど、まじめに歌ってるのにどこかおかしくって、その醸し出す雰囲気がまさしく未沙のえるだな、と。
あと、宝塚っていうのにも定年があるんですが、それがせまってるのだな、と実感。宝塚人生振り返りながら歌ってたんだろうなぁ……定年で辞めさすなんてもったいない。
しかしこの「おかしな二人」、正直、宝塚でやる必要あるのかなぁ〜なんて考えてしまいました。まぁ、だからこそ「専科公演」なんだろうけど……う〜ん。あと、ちょっと残念だなぁ、と思ったのは美沙さん演じるフィリックスの一人称。絶対、マヤさん(美沙さん)には「僕」より「私」の方が似合うんだからかえてあげたらよかったのになぁ、と。

ま、ま、「おかしな二人」はこれくらいにして………

IMG_1063.jpg

「ノバ・ボサ・ノバ」の話ですよ。
中日劇場まで遠征してきました!

これ、千秋楽の日、午前午後両方観たんですけど……

もうね、書いてもしゃべっても無駄、伝わらないです、これは




どれほど興奮したかが言えるならそんな興奮高が知れていますから(-∀-)



いや、ほんとね、そうですよ。だって、大楽、なんと客席はいったら客席に
IMG_1065.jpg
こんなのがはってある訳ですよ。
IMG_1068.jpg
もう、何が起こんねん、と。
ほんでまぁ、客席のテンションの異常さ!爆竹手拍子!もう興奮!!!
そんなのがありつつ中詰め!!
ポンポンふり!しかも立ち上がっての!!!!!!
で最後皆で一斉に叫ぶんですよ。
そう無敵の合い言葉……
ロイ・ヤル・ストレート・フラーッシュ!
は今の雪組ですが、

ノバボサノバですよ、中詰めですよ、僕も叫びましたよ

チャララチャララチャララチャラララ〜〜〜
チャン!





ビバっ!!!







そっから客席で歓声が飛び交って次の場面がなかなかはじまらない!
しかし、客席がそれだけ盛り上がった分その後出てきた、カーニバルが終わった事を寂しがるピエロが際立つ際立つ!
で、シナーマン、もほんとラストはもう、完全に世界に引き込まれたというか、感動的すぎて涙出るくらいでした。長く伸ばすところも、いつもが
ーバーーーーーーーーーーーーーーーー!くらいなのが、大楽は
バーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
って感じでした。もうね、ほんとだめだ、これ文章にできない!
まぁ、とりあえずそれだけ興奮したって事です!まじで!
やっぱりあの場にいないと、ほんとあれは分からない!まぁ、それが舞台なんだけど!(笑)

あ、あと芝居の「めぐり会いは再び」は見た感じ、アドリブがなくなってて、なくしたのも正解って言えるんだろうけど…ないと寂しい!!!
大劇の後半が最高だったのに!!!あの頃のブルちゃんがまた観たかった!><

星組さんほんと、宝塚、東京、博多、中日と、半年間、計137回、ほんとおつかれさまでした!

さて今度は星組オーシャンズ11楽しみ!!!!!
その前に超絶イケメンビジュアル組、宙組公演もあるんだけど!!!
あぁ、幸せすぎてヤバい!!


あと名古屋ってことで味噌煮込みうどん食べました!美味しかった!生前のというか、味噌煮込みうどんさんが胃の中にはいる前の写真撮るの忘れたので、完食後の

IMG_1070.jpg

ハイ鍋ドーン(笑)なんと、フタが取り皿になるっていう優れもの!!

昼はひつまぶしを食べたんだけどこれは完全写真なし!(笑)

結局よう分からん日記ですいません……。

文 いりや
スポンサーサイト

[2011/09/27 03:22] | 観劇日記
トラックバック:(0) |

おかしな二人
仁川
「宝塚でやる必要があるのかな?」と問われれば、ある!と言いたいですね。
轟さんにしろ未沙さんにしろ、男役芸が確立してないと出来ない芝居ですから。
男役の円熟味をいつもとは違う角度から堪能できる、実験劇場で行うにふさわしい演目だったのではないでしょうか。

Re: おかしな二人
FMS.
コメントありがとうございます。
たしかに男役芸が確立しているあの二人だから成り立った舞台でした!なるほど、男役の魅力という点ではたしかにふさわしい演目でしたね。
マヤさんの退団が悔やまれます><
(文 いりや)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
おかしな二人
「宝塚でやる必要があるのかな?」と問われれば、ある!と言いたいですね。
轟さんにしろ未沙さんにしろ、男役芸が確立してないと出来ない芝居ですから。
男役の円熟味をいつもとは違う角度から堪能できる、実験劇場で行うにふさわしい演目だったのではないでしょうか。
2011/09/27(Tue) 15:25 | URL  | 仁川 #9L.cY0cg[ 編集]
Re: おかしな二人
コメントありがとうございます。
たしかに男役芸が確立しているあの二人だから成り立った舞台でした!なるほど、男役の魅力という点ではたしかにふさわしい演目でしたね。
マヤさんの退団が悔やまれます><
(文 いりや)
2011/10/02(Sun) 22:14 | URL  | FMS. #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。